糖尿病やヘルニアなど持病の治療|ピッタリ治療ログ

医者

MRIの利用

女性

急なしびれや腰が落ちるような痛みに襲われる症状の1つに腰椎椎間板ヘルニアがあります。腰椎椎間板ヘルニアで悩んでいるという方も居ますが、腰椎椎間板ヘルニアの判断は問診や触診だけでは出来ないとされていて、MRIと呼ばれる検査機器を用いて詳しく調べる必要があります。MRIを用いると血管の流れなどもくっきり映し出すことが出来ます。椎間板ヘルニアになっているか否かも鮮明に分かるため、正しい判断を行うことが出来るようになります。
腰椎椎間板ヘルニアの治療の方法はいくつかあり、まず最も簡単な治療として安静治療があります。名前の通り一切患部を動かさず、出来るだけ痛みを生じないような生活を送っていきます。日常生活で苦労が生じる事もある可能性が高いですが、最も簡単な治療と言えるでしょう。温熱療法は、痛みが生じる患部を温めることで緊張を解す治療になります。腰椎椎間板ヘルニアでも効果があると言われていて、專門の温熱療法器具を用いることで痛みの軽減をしていきます。冷湿布や温湿布は急に腰椎椎間板ヘルニアで痛みだした時に効果がある治療法です。血液の流れを良くし、血行を潤滑にする作用があります。ただあくまでも一時的な対策でこの方法で完治することはまずありません。理学療法を用いた治療は、筋肉をマッサージすることで緊張をとき、血行を良くしていきます。マッサージを行なうため周囲の筋肉の凝りも解すことが出来ます。最も選択される治療方法としては投薬治療があります。投薬治療では痛みを改善するための治療薬が処方され、主に弛緩薬などで筋肉の緊張を解いてあげます。ステロイドや局所麻酔剤などを用いて痛みを無効化させる事もあり、この場合は薬が効いている時間は全く痛みが感じないようにすることが可能です。