糖尿病やヘルニアなど持病の治療|ピッタリ治療ログ

医者

検査を受ける

男女

脊柱管が狭窄してしまうことで足が痺れたり、また腰痛に悩まされる症状として脊柱管狭窄症があります。脊柱管狭窄症は先天性と後天性があり、先天性の場合は対策が可能ですが後天性の場合はいきなり発症することもあります。原因は主にスポーツのし過ぎや腰の酷使などが挙げられ、基本的に腰に負担をかけないことが大切になります。治療の仕方はまずは検査を受けないとなんともいえません。というのも脊柱管狭窄症の治療の一般は手術になるからです。ただしどのレベルで手術が必要なのか否かは全てケースバイケースでことなり、脊柱管の形状などでも大きく異なります。まず治療の前には検査が必要になるわけですが、検査の仕方は至って簡単で、MRI検査や間欠跛行、またレントゲンなどを用いて検査をしていくことになります。
検査の結果手術が必要だと判明した場合は、速やかに手術で脊柱管狭窄症の治療をしてもらうことが大切になるでしょう。ただし高齢で手術に耐えられない、また個人的に手術は避けたいという場合は、医薬品で痛みを取り除くという方法もあります。しかしながら投薬治療はあくまで痛みを低減させるための治療で、原因を取り除くことが出来るわけではありません。そのためしっかり考える必要があり、時には手術に踏み切ったほうがこの先にとっても良いという場合もあります。投薬治療の場合は常に医薬品の摂取が条件になり、痛みが取り除くことができなくなる程重症化することも考えられます。